私は自宅で産み分け方法に取り組んでいて、病院へは行ってないんです。
家の近くに産み分けを指導してくれる病院がないのが1番の理由ですが、たぶん産み分けゼリーや、基礎体温表での排卵日予測で、女の子の産み分けができそうな気がしてます。

基礎体温表が最近キレイな二相になってきて、産み分け準備が整ってきてるかなーって感じですね。

もし生理不順や、基礎体温表に排卵の傾向がない場合は病院で相談されてみるのがオススメです。
自己流で産み分けにチャレンジするよりも、確率が上がるかもしれませんからね。

今回は病院で産み分けをする場合の確率や、病院で行える産み分け方法と費用などを調べてみました。

病院で産み分けすると確率は上がるの?

産み分けを病院で行うと、確率は若干上がります。
その理由は大きく分けて下記2つの要因にわけられます。

1・排卵日を特定する確率が高くなるから

正しく基礎体温を測ることができれば、健康な女性の場合約3ヶ月ほどで体のリズムが掴めるようになります。
女の子を産み分けたい場合、月に1回訪れる排卵日の2~3日前に産み分けセックスをしますが、しかし少しでも排卵日のタイミングがズレたり、産み分けセックス以外で避妊に失敗してしまうと、希望がかなわなくなる可能性も。

病院では超音波検査や血液検査で排卵日の特定がほぼ可能なんですって。
病院ではこんな検査が受けられるんですよ。

  • 超音波検査…卵胞の大きさを確認します。
  • ホルモン血液検査…ホルモン量を調べて排卵時期を確認します。
  • 頚管粘液検査…排卵期に分泌される頚管粘液の質や量を調べます。
  • ホルモン尿検査…尿に含まれる黄体化ホルモン濃度を測定します。

これだけしっかりと検査ができれば、産み分け確率が上がる期待は高まりますよね。
月1回の大切な排卵のタイミングがいつなのか、妊娠しやすい体になっているのかが、数値として確認できますものね。

2・パーコール法や体外受精など、病院でしか行えない産み分け方法だから

パーコール法や体外受精など、精子を選別して人工授精する産み分け方法は、当然ながら自宅ではできません。
産み分け病院やクリニックでしか行うことができない、高度な産み分け方法です。

産み分けできる確率は100%ではありませんが、自宅で行う産み分け方法と比較すると、若干高くなるようですよ。

病院での産み分けは安全なの?

病院で行う産み分け方法は医師の指導のもと行いますので、安全性という視点ではポイントが高いと思います。

産み分けを病院でする方法と費用

病院で行う産み分け方法には、パーコール法、体外受精、着床前診断、タイミング法、産み分けゼリーを使う方法などがあります。
その中でもパーコール法、体外受精、着床前診断は病院以外で受けることができません。

パーコール法

パーコール液という特殊な液体に精液を薄く重ねていき、遠心分離機にかけると、比重が異なるX精子とY精子がわけられます。
比重が比較的重いX精子は下に沈み、比較的軽いY精子は上に溜まります。

費用:1回で約2万円~4万円程度。

体外受精

採取した卵子、精子を人工的に受精させ、子宮に戻す方法です。
産み分け目的で行うことはできません。

費用:1回数十万円~。

着床前診断

人工受精で受精した受精卵を子宮に戻す前に、遺伝子に異常がないかどうか検査をする方法です。
日本では産み分け目的で禁止されている方法です。

費用:1回数十万円~。

タイミング法

妊娠しやすいタイミング(排卵日前後)を予測して、セックスをする方法です。
排卵しているかどうかは、超音波検査、血液検査、ホルモン検査などで診断が可能です。

費用:数千円~2万円程度。

産み分けゼリー

膣内のpHを、希望する性の精子が動きやすい環境に整えるゼリーです。
セックス前に膣に注入します。

費用:1箱(数本入り)約1万円~2万円程度。

産み分けができる病院を探す方法

今はインターネットで気軽に検索できますよね。
「産み分け 病院」で検索すると、日本全国で産み分けを行っている病院のホームページが出てきますよ。

産み分け病院を選ぶポイント

産み分け病院では「産み分け」そのものに特化した病院と、産婦人科で産み分けをしてくれる病院があります。
産み分け病院に限らずですが、一度実際に受診してみるのが一番ですよ。
院内は清潔か、医師は丁寧に説明をしてくれるか、医師との相性はよいか、通院に負担がかかりすぎないかなどをチェックしてみてください。

産み分けができる病院リスト

全国の産み分け病院をご紹介します。産み分けを決心したら、頻繁に通院する必要がありますので、産み分け病院を選ぶポイントを参考にして探してみてくださいね。

https://www.umiwake.jp/map/index

関東地方

堀産婦人科
排卵日の予測によるタイミング法で産み分け指導を行います。
〒108-0074 東京都港区高輪3-7-8

アーク米山クリニック
パーコール法、超音波検査、ホルモン検査等で産み分け指導を行います。
〒123-0843 東京都足立区西新井栄町3-5-20

美馬レディースクリニック
産み分けゼリー、リンカル、超音波検査、血液検査、ホルモン検査、尿検査等で産み分け指導を行います。
〒107-0052 東京都港区赤坂3-13-13 赤坂中村ビル4F

近畿地方

すとうレディースクリニック
み分けゼリー、リンカル、タイミング法等で産み分け指導を行います。
〒542-0081 大阪市中央区南船場3-11-24 東京都市開発御堂筋ビル4F

八木クリニック
産み分けゼリー、リンカル、超音波検査、血液検査、ホルモン検査、尿検査等で産み分け指導を行います。
〒590-0938 大阪府堺市神明町西1丁1-17

九州地方

青葉レディースクリニック
産み分けゼリー、リンカル等で産み分け指導を行います。
〒813-0036 福岡県福岡市東区若宮5丁目18-21

病院での産み分けまとめ

産み分けを病院で指導してもらうときは、どの病院を選ぶかによって確率が違ってくるかもしれませんね。
担当医との相性もありますし、通い続けられる環境かどうかも大きなポイントになってくると思います。

どのような産み分け指導をしてくれるのか、ホームページや口コミをチェックして、ご自分の希望に合う方法を行っている病院を探してみてくださいね。

合わせて読みたい産み分け記事: