「ウチはリンカルで男の子が生まれたよ!」

そんなママ友の話を聞くまで、リンカルという言葉すら知らなかった私。
まあ、それは当然かもしれません。
なぜなら彼女は男の子の産み分けをしていたから。

実はリンカルという栄養補助食品の副作用が、男の子の出生率の高さにつながっているというデータがあるそうなのです。
ならば女の子版も!と期待しましたが、今のところ存在せず残念…。

ではリンカルがどのように男の子の産み分けに使われているのか、今回はリンカルの効果や飲み方、入手方法などをご紹介します。

リンカルってどんな薬なの?

リンカルとはリン酸カルシウムのことで、生まれてくる赤ちゃんの先天性異常を防ぐために開発されたサプリメントです。
リンカルを服用していた女性は男の子を生む確率が高かったことから、男の子を産み分けしたいカップルが使用するようになったそうです。

男の子が生まれやすいのはリンカルの副作用ともいわれていますが、その他の副作用や異常などの報告はほぼないということで、それなら安心できますね。

リンカルは産み分け用に開発されたものではなく、医薬品でもありません。
分類として、リンカルは栄養補助食品に入ります。

リンカルは産み分けにどんな効果が期待できるの?

リンカルを服用した女性から生まれる赤ちゃんに男の子が多いという、リンカル特有の副作用を利用して、男の子を産み分け成功率がアップするという効果が期待できます。
なぜ男の子が多く生まれるのかははっきり解明されていないのが現状だそうですが、産み分け病院で処方されていることから、現場の医師は「リンカルは男の子の産み分けが期待できる!」と肌で感じているのではないでしょうか。

リンカルに副作用はあるの?

リンカルの副作用が「男の子が生まれる確率が上がる」ことで、それ以外の副作用が報告されたケースはないそうです。
リンカルは病院やクリニックで処方箋を出してもらわないと入手できませんので、それだけ安心感は高いはず。

リンカルが含まれたサプリメントが市販販売されているようですが、使用されている素材や有効成分の含有量は定かではありません。
リンカルを使って男の子の産み分けをしたいなら、産み分け病院や産婦人科で相談されるのがベストだと思います。

女の子の産み分けにリンカルは使えるの?

リンカルの副作用は「男の子が生まれる確率が高くなる」ことなので、女の子の産み分けには向いていません。
女の子を産み分けするなら、リンカルの服用は避けましょう。

リンカルの効果的な飲み方は?

リンカル自体は一般的なサプリメントと変わらない錠剤ですが、産み分けの効果が現れるまで数ヶ月間忘れずに飲み続ける必要があります。
2日間以上飲み忘れてしまうと、ゼロからスタートしないといけないというデメリットがあるんですよね。

リンカルを飲んで産み分けをしたママ友がいましたが、うっかり飲み忘れないようにカレンダーにチェックを入れていたそうです(彼女は他の産み分け方法も併用)。

リンカルの飲み方

男の子の産み分けを決めた日から、毎日4錠(朝2錠、夜2錠)を最低2ヶ月間飲み続けること。
2日以上飲み忘れてしまわないように注意しましょう。
1日であればそれほど影響はないようですが2日以上空いてしまうと、それまでどんなにしっかりと飲み続けてもゼロからのスタートになってしまいます。

リンカルを使ったときの産み分け成功率はどのくらい?

リンカルを使ったときの産み分け成功率は、おおよそ70~80%くらいとのデータが出ているそうです。
特に産み分けをしなかった場合は男女比が50%ですから、かなりの高確率で男の子の産み分けができる可能性がありますね!

「リンカルだけじゃ不安…。」という方は、その他の産み分け方法も組み合わせれば、さらに産み分け成功の期待が高まりそうですね。

リンカルで産み分けするのに向いている方

リンカルの効果をしっかりと実感するには、飲み方がとても大切。
数ヶ月は飲み忘れなく続ける必要がありますので「面倒くさがらずに飲み続けられる方」、「時間的、金銭的に余裕がある方」、「授乳中でない方」なら、リンカルを使った産み分けが向いていると思います。

「私にはちょっと無理かなー。」という方は排卵検査薬や産み分けゼリーなど、他の産み分け方法を試してみるといいですよ!

リンカルはどこで手に入れられるの?

産み分け病院や産婦人科で処方してもらえます。
インターネット上でリンカルに似た成分が含まれたサプリメントが販売されていますが、全く別物と考えましょう。
後悔のない男の子の産み分けをしたいなら、病院で処方されたリンカルを使用するのがいいですね。

リンカルを飲むときのポイントまとめ

・1日4錠必ず飲むこと
(1回に4錠、朝晩で2錠づつでもOK。女性が飲みます!)

・飲み始めたら途中で止めない
(最低2ヶ月は飲み続ける必要があります。病院によってはそれ以上の期間服用するよう指導されるケースもあります。服用中に妊娠が判明してもそのまま飲み続けます。)

・2日飲み忘れてしまうと最初から飲みなおし
(例】2ヶ月飲み続けていたけれど、うっかり2日間飲み忘れてしまったという場合は、それまで飲み続けていた期間がゼロになり、飲みなおしになってしまいます)

・授乳中は服用を避ける
(リンカルは安全な成分で作られていますが、母乳を通じて赤ちゃんにリンカルの成分が少なからず届いてしまうことと、出産後は生理周期が安定していないので、産み分け自体が難しいためです。)

・風邪薬などと併用してもOK
(リンカルは他の薬と併用しても大丈夫です。ただし複数の薬を服用している方はお薬手帳をご持参の上、医師か薬剤師に相談されることをお勧めします。)

・1日の服用量を守る
(たくさん飲んでも産み分けの確率が上がることはありません。必ず1日の服用量を守ってください。飲み忘れがないことが一番大切ですよ。)

男の子の産み分けを決心したらリンカルの服用が効果的!

リンカルは病院で処方されていることもあり、男の子を産み分けしたい女性からの信頼はかなり高いとわかりました。

飲み忘れだけは絶対にないように注意して、産み分けゼリーなど他の産み分け方法を併用すれば、かなりの高確率で男の子の産み分けができるのでは!

ベイビーサポート公式サイト

男の子の産み分けを決心したら、リンカルを処方してくれる病院を検索してみてくださいね。

合わせて読みたい産み分け記事: