男の子が欲しくて産み分けに挑戦したけど、女の子が授かった人の体験談です。
産み分けには失敗しても、女の子はかわいくて、赤ちゃんが授かって良かったという意見が多数です。

男の子の産み分けは、100%成功するわけではありません。
希望通りの性別でなかったとしても、大切なあなたの赤ちゃん。
幸せになってくださいね。

当サイトでは、以下の体験談を紹介しています。
参考になさってください。

男の子の産み分け成功体験
女の子の産み分け成功体験
女の子の産み分け失敗体験

男の子が欲しくてリンカルとゼリーを併用

男の子が欲しかった

夫は実家が自営業の長男で、常々「男の子が欲しい」と口にしていたので、産み分けにチャレンジしてみました。はじめは産み分けについてどこに相談してよいか分からず、不妊治療専門の病院に行ってしまいました。うちでは産み分けはやっていませんと厳しく言われてしまい落ち込むこともありました。

それからインターネットで調べて産み分けを指導している病院へ変更しました。新しい病院で基礎体温表を見ていただき、生理周期が安定しているので排卵検査薬を使ってタイミングを取り、ゼリーを使用する方法を進められました。加えて、リンカルという補助食品を使うこともできるがどうしますか、と提案を受けました。

その際にお医者様が慎重に説明されていたのは「リンカルはお金がかかるが、それだけお金をかけても100%産み分けられるわけではない」ということです。リンカルを飲んで体質改善していても、ゼリーを使っても、男の子を授かる可能性がほんの少し上がるだけという説明でした。

私は、やれることを中途半端にやらずにいたら後悔する、やれることを全てやってそれでも女の子だったら神様の思し召しと思って諦めようと考え、ゼリーとリンカルを併用することにしました。リンカルは3か月飲み続けなければ効果がないので、実際に産み分けを狙ってタイミングを取ったのは3か月後のことになりますが、その1回で妊娠したことが分かりました。

妊娠中はなかなか性別が判明せずやきもきしました。女の子だと分かった時はすこしがっかりしましたが、名前を考えたり赤ちゃんのお洋服を準備したりするうちに、女の子だということの実感がわき、出産までには受け入れることが出来るようになっていました。まだ一人目の子どもなので、二人目も産み分けにチャレンジしたいと考えています。

男の子の産み分け確率を上げる

男の子の産み分けには、産み分けゼリーを使うと良いです。
産み分けゼリーは成功確率100%ではありませんが、膣内をアルカリ性に保ち、男の子の精子優位な膣環境に保つことができます。

他の産み分け法と併用して使用されると良いでしょう。

ベイビーサポート公式サイト

合わせて読みたい産み分け記事: