我が家では「二人目の子は絶対に女の子がいいね!」と夫婦の意見が一致しているので、産み分けにも比較的協力的で助かってます。

いろいろな産み分け方法を調べていると、昔は産み分けを成功させるために、占いや迷信を頼っていたんだなということがわかったんですね。

女の子を授かる迷信には「結婚指輪を枕の下に置く」、「ベッドサイドににんにくを置く」、「奇数日にセックスをする」など、いろいろなものがあるんですよ。まあ迷信はあくまでも迷信なので、産み分けの成功率を上げるなら、それぞれの産み分け方法の成功確率を知って取り組む必要があるのかなと思います。

ということで、今回は産み分け法別の成功率を調べてみました♪

産み分けをしたときの成功率はどのくらいなの?

産み分けの成功率は?

日本国内では産み分けを目的にした人工授精はできませんが、数年前まではタイで100%の確率で産み分けが可能な人工授精を行うことができていました。しかし現在は禁止されています。

特に産み分けを意識しない場合、女の子と男の子が生まれる確率はほぼ50%ですが、産み分けをした場合は希望の性別の子どもが生まれる確率は60~90%くらいに上がります。

この数値は産み分け方法でかなり変わってきます。例えば家庭で産み分けをした場合は60%だけれども、病院で産み分けをすると70%~90%の確率になるんですよね。

産み分け方法はいろいろありますが、成功率を重視するなら産み分けゼリーを使ったり、病院でタイミング指導を受けたりという選択ができますよ。

パーコール法での産み分け成功率

女の子の産み分けなら約90%
男の子の産み分けなら約80%

パーコール法は、パーコールという特殊な液体の中に精子を入れて遠心分離機にかけ、X精子とY精子に分離させる方法です。

女の子の遺伝子であるX精子はY精子よりも重く、一番下の層に集まります。その精子を採取して子宮内に注入することで、より産み分けの確率を上げられますが、100%成功するわけではありません。

採取した精子を分離させて人工授精をしますから、普通にセックスをするときよりも精子数は激減します。産み分けの成功率は高まりますが、その分妊娠率が下がってしまう可能性もあります。産み分け成功率と妊娠率、どちらを取ればいいの…?と迷ってしまいますよね。

排卵検査薬を使った産み分け成功率

約60%

排卵検査薬は、排卵前に黄体形成ホルモン(LH)が大量に分泌される特性を活かして、尿に含まれるLHを検出する検査薬です。LHが大量に分泌された状態をLHサージと言いますが、女の子の産み分けを成功させるには、妊娠検査薬でLHサージの時期を見極め産み分けセックスができるかどうかにかかっています。

検査薬での産み分け

女の子の産み分けポイントは、寿命の短いY精子の寿命が尽きた後、時間差でX精子を受精させることでしたね。排卵後の卵子は体内で2~3日間生存すると言われているので、排卵日の2~3日前にセックスをして、X精子を有利にさせましょう。

タイミング法での産み分け成功率

約70%

タイミング法は排卵日を予測してセックスをする方法で、自宅でも取り組むことができます。月に1回の排卵タイミングを的確に掴み、女の子の産み分け成功ポイントである「排卵日2~3日前」にセックスができるように体調や環境を整えましょう。

タイミング法で最も重要なのは「排卵日を予測」することです。まずは基礎体温をつけて生理リズムを把握しましょう。女性の体は低温期と高温期の波があり、排卵は低温期の中で最も体温が下がった周辺の日に起こると言われています。

女の子の産み分け成功率を上げるには、基礎体温を正確に計ることが大切です。婦人体温計を使用して、朝目覚めたら起き上がる前に計測します。最低でも3ヶ月以上継続して計測すれば体のリズムが掴めると思います。排卵のタイミングが分かれば、タイミング法での産み分け確率を更に上げることも可能ですよ。

病院での産み分け成功率

約80~90%

病院ではタイミング指導に加えて、病院によっては不妊治療の一環で人工授精による産み分けが可能な場合があります。海外では着床前診断という、子宮内膜に達して胎盤ができる前(着床する前)の受精卵を検査して、子どもが特定の遺伝子疾患にかかる可能性がないかどうかを診断する方法を受けられますが、日本では産み分けを目的とした着床前診断は禁止されているのです。

自宅で行うタイミング法と違い、病院では超音波検査や採血、採尿におり排卵日を予測しますので、より正確に排卵のタイミングを知ることができます。その際に参考になるのは基礎体温表です。いくら病院で検査しても、排卵のタイミングがずれてしまうと診断ができない場合があります。なので排卵が近づいたら数回病院へ通うとベターですね。

超音波検査では、卵胞の大きさを計測することで排卵日を特定できます。また産み分けゼリーを使って膣内を産み分けに適した環境にする方法を行う病院も増えています。

産み分けを成功率を上げるポイントとは

産み分けのポイント

女の子の産み分け成功ポイント

  • 排卵日を特定して、排卵日2~3日前にセックスをします。
  • 男性は精巣を満タンにしないように週に1度は射精をします。
  • あっさりめのセックスで、浅い挿入の体位を選びましょう。
  • 産み分けセックス後、排卵日の周辺は必ず避妊をしましょう。

男の子の産み分け成功ポイント

  • 排卵日を特定して、排卵日当日をめがけてセックスをします
  • 男性は動きが活発なY精子を増やすために5日~1週間は禁欲をします。
  • 女性が感じやすく濃厚なセックスを。深く挿入ができる体位を選びましょう。
  • 射精後、女性は腰を高くして30分ほど足を閉じ静かにしていましょう。

産み分けの成功率を上げるポイントをしっかり抑えましょう!

病院でのタイミング指導では、産み分けゼリーを使用しているケースも多いんですよね。少しでも産み分け成功率を上げるには、手軽に購入できる産み分けゼリーなどのグッズを使うのが良さそうです!

産み分け方法によって成功率がかなり変わってきますから、ご夫婦でよく話し合って、ベストな産み分け方法を選んでみてくださいね。

合わせて読みたい産み分け記事: