1人目の息子を授かったときは産み分けを全く意識していなかったので、産み分けゼリーというものが存在するという衝撃は、リンカルを知ったときと同じくらい大きいものでした。

もちろん100%ではないものの、希望の性別の子を授かることは、ある程度コントロールができる時代になっています。
その際に実力を発揮するのが産み分けゼリー

産み分けゼリーは産み分け病院でも積極的に使用されているんですよ。
ここでは産み分けゼリーの種類や仕組み、それぞれの特徴、使い方、価格などをご紹介します。

産み分けができる仕組みとは

赤ちゃんの性別は受精した精子がどの染色体を持っているかで決まります。
XX染色体を持つX精子が卵子と受精すれば女の子が、XY染色体を持つ卵子が受精すれば男の子が生まれます。
精子が受精した瞬間に性別が決まってしまうんですよ。

X精子とY精子にはそれぞれ下記のような特徴があります。

  • X精子…酸に強く、寿命が長い(2~3日)
  • Y精子…アルカリ性に強く、寿命が短い(1日)

ということは膣内環境を酸性にして、寿命の長さを活かせば、女の子を産み分けられる確率が高くなるというわけです。

子宮頸管や子宮はアルカリ性に、膣内は酸性に保たれています。
排卵日の直前になると子宮頸管からアルカリ性の粘液が分泌され、膣内の酸性度が弱まりますから、Y精子が有利な状態になります。

女の子を産み分けしたい場合は、まだ膣内が酸性に保たれている排卵日2日前にセックスをするのがポイントなのですが、この「排卵日2日前」をどうやって知るのかが、なかなか難しいのです。
女性はホルモンバランスの乱れなどで生理リズムが簡単に崩れてしまうんですよね。

生理周期が一定していない女性は排卵も不規則になりがちです。
一般的には正しく基礎体温を測っていれば3ヶ月ほどで自分の体調やリズムがつかめてきますが、仕事や子育てが忙しい、ストレスを抱えている場合は、ホルモンバランスが乱れがちですよね。
体調が安定していなければ、産み分け以前に、妊娠もしづらくなってしまいます。

もし3ヶ月以上基礎体温をつけていても、グラフが二相にならないときは、産婦人科に相談してみましょう。
もちろん産み分け専門医の先生でなくて大丈夫です。
もし排卵が起こっていない場合は、排卵を促す排卵誘発剤を使用することがあります。

病院では排卵日を測定する方法がいろいろあります(超音波検査、血液検査など)。
女の子を産み分けしようと決めたら、まずは基礎体温を測りはじめてみてくださいね。

ピンクゼリー、グリーンゼリーの特徴

産み分けゼリーの特徴は、産み分けをしたい性別の精子が、それぞれ有利に働く膣内環境を人工的に作り出せること。
セックス前にゼリーを膣内に入れるだけでいいんですよ!

あ、基礎体温の計測はお忘れなく。

基礎体温表から毎月の排卵時期がおおよそわかれば、あとはX精子が活発に動ける環境を作ってあげるだけで、女の子の産み分け成功率がグッとアップする可能性がありますよ。

ピンクゼリーとは

膣内のpHを酸性に傾け、X精子の活動をサポートするゼリーです。
女の子を産み分けしたい場合に使用します。

ピンクゼリー公式サイト

グリーンゼリーとは

膣内のpHをアルカリ性に傾け、Y精子の活動をサポートします。
男の子を産み分けしたい場合に使用します。

ベイビーサポート公式サイト

ピンクゼリーは膣内を「X精子」が有利な環境にしてくれる!

「基礎体温はしっかり測っていて、毎月排卵もあるわ。」という方は、女の子遺伝子を持つX精子が有利に働くように膣内環境を整えれば、産み分け成功の可能性がより高くなります。
とはいっても排卵日2日前を自分で調べるのは簡単ではありませんよね。
排卵検査薬は検査をする日によって正確な値が出にくい場合があるし、病院で検査してもらう時間もないという方も多いと思います。

そんな方は、産み分け病院でも多く使われている「産み分けゼリー」を上手に活用してみましょう。
産み分けゼリーは「女の子の産み分け用(ピンクゼリー)」と「男の子の産み分け用(グリーンゼリー)」の2種類があります。

特に女の子を産み分けしたい場合に使用するピンクゼリーは、膣内のpHをX精子が有利な酸性に傾けるサポートをしてくれます。
排卵日の2~3日前に使用すると最大の効果を発揮します。

産み分けゼリーの使い方

ピンクゼリー、グリーンゼリーとも、複数のメーカーから発売されています。
病院で使うタイプはゼリーを湯煎でやわらかくしてから注入するシリンジタイプのものが多いようです。
市販されているタイプはタンポン型でピストンを押して注入するのが主流です。

私は後者のタンポン型のほうが挿入しやすく使いやすいと思います。
実際に使っているのもこのタイプです。
1回ずつ使い捨てで衛生的にも安心だし、後始末が簡単ですから。
以前は注射器型のシリンジに湯煎で、柔らかくしたゼリーを入れて注入するタイプしかなかったみたいですね。

ピンクゼリー、グリーンゼリーの使い方は同じですが、その後のセックスは全くタイプが違います。
ピンクゼリーはあっさりセックスグリーンゼリーは濃厚セックスを心がけましょう。

ピンクゼリー、グリーンゼリーの効果的な使い方(シリンジ型タイプ)

  1. ゼリーが入った容器をやや熱めのお湯の入ったコップなどに入れ、湯煎で溶かします。
  2. 溶けたらフタを開け、シリンジの先端を容器に差し入れて、シリンジのメモリ3~5mlくらいを吸い上げます。
  3. ゼリーが外へ流れ出ないように、女性の腰の下に枕を置いて高くしておきます。
  4. ゼリーが人肌くらいに冷めたのを確認して、膣内に静かに注入します。
  5. ゼリーが外にこぼれないように両脚をしっかりと閉じ、5分ほど待ちます。
  6. その後、あっさりとしたセックスをします。

ピンクゼリー、グリーンゼリーの効果的な使い方(タンポン型タイプ)

  1. 個包装された袋から、容器を取り出します。
  2. 容器先端のキャップを折り、キャップを取り除きます。
  3. 容器を持ち、リラックスした状態で容器の先端を5~8センチ程度膣に挿入し注入します。
  4. ゼリーがこぼれないように両脚を閉じ、5分ほど待ちます。
  5. その後、濃厚なセックスをします。

産み分けゼリーの価格

販売されているメーカーにより異なりますが、概ね以下の価格帯になるようです。

1箱(5回分~7回分)…約¥10,000~約¥15,000
1本あたり…約¥2,000~¥4,000

※ちなみに産み分けに成功後、使わずに余ってしまった産み分けゼリーを買い取ってくれるメーカーもあります(なんて良心的なんでしょう!)。
買い取りには条件がありますが、余って破棄してしまうというムダなコストを支払う必要がありませんね。

産み分けゼリーは女の子産み分け用と男の子産み分け用がある!

産み分けゼリーには2種類あり、女の子を産み分けたいならピンクゼリー、男の子を産み分けたいならグリーンゼリーを使うと、自宅でも簡単に産み分けに取り組めます。

詳しくは、産み分けゼリーの紹介ページを参考にしてください。

産み分けゼリーと併用して準備しておきたいのは、基礎体温を測って排卵予定日を見つけること。
排卵していなければ妊娠すらできませんからね。旦那さんには排卵日前に精子の量を調節しておいてもらえるとベストです。

夫婦の協力があってこそ、産み分け確率が高まります。産み分けゼリーを上手に使って悔いのない産み分けに取り組みましょう!

合わせて読みたい産み分け記事: