子供は天からの授かりもの。
とは言え、

女の子が欲しい!
男の子が欲しい!

という希望を持つご夫婦は多いことと思います。

産み分けは100%の確率で成功することはありません。
ですが、産み分けゼリーを使った方法を実践することで80%の産み分けが可能になります。

当サイトでは、なぜ赤ちゃんの産み分けができるのか、産み分けする方法、産み分けの体験談についてお話ししていこうと思います。

女の子を産み分け可能な仕組み

女の子を産み分ける

赤ちゃんの性別を男の子か女の子か産み分けられると聞きます。

旦那さんが疲れていると女の子が生まれるとか、中国式産み分けカレンダーを使うとか。
それって本当なの?という都市伝説のような産み分け方法まであります。

人間の生態がすべて解明できていない現在、占いのような産み分け法がもしかしたら真実かも知れません。
ですが、ここでは科学的根拠を元にした産み分けの仕組みについて説明します。

赤ちゃんの性別は精子で決まる

結論だけ言います。

女性の膣内を酸性にすれば女の子。
女性の膣内をアルカリ性にすれば男の子。

膣内のpHをどちらに傾けるによって、男女を産み分けられます。
産み分けられる確率は、女の子は70%~80%、男の子は80%~90%。
産み分けは100%確実ではありませんが、産み分けられる確率は上がります。

なぜ、膣内のpHによって産み分けができるのか。
それは、子供の性別が精子によって決まるからです。

ここから真面目な話をしますので、理屈なんかどうでも良いから産み分け方法を知りたい方は、次の章の女の子の産み分け方法に進んでもらっても構いません。

女の子はX精子、男の子はY精子

男の子?女の子?産み分ける

ヒトの染色体は46本あってそのうちの2本が性別を決める「性染色体」と呼ばれるもの。
性染色体が「XX」の場合は女の子、「XY」の場合は男の子です。

女性の卵子はX染色体と決まっているので、残りの1つを決めるのは精子。
精子にはX染色体をもったX精子と、Y染色体をもったY精子がいます。
X精子が受精すると女の子Y精子が受精すると男の子が産まれます。

女の子が欲しいなら、X精子が受精するような環境を作って上げれば良いですね。
男の子が欲しいなら、逆のY精子が受精するように努力すれば良いわけです。

X精子Y精子の特徴

女の子を産み分けるために、X精子を大切にすればよいことがわかりました。
では、X精子を受精させるにはどうすればよいか。

その前に、X精子とY精子の特徴についてチェックしておきましょう。

X精子の特徴(女の子) Y精子の特徴(男の子)
耐性 酸性に強く
アルカリ性に弱い
アルカリ性に強く
酸性に弱い
寿命 2日~3日 1日(短命)
精子の量 数が少ない X精子の2倍
スピード 泳ぐスピードが遅い 泳ぐスピードが速い
重量 若干重い 若干軽い

膣内への雑菌の侵入を防ぐため、膣内は酸性に保たれています。
Y精子は酸性に弱いので、精子の量がX精子よりも2倍あっても、結局半分くらいは淘汰されてしまいます。

通常の状態では、女の子も男の子も産まれる確率は50/50です。
そこで、精子の耐性を利用して、膣内を酸性に近づけるかアルカリ性に近づけるかにより、産み分けを実践できるのです。

女の子の産み分け方法

女の子を産み分ける!

女の子を産み分けるには、セックス時に膣内を酸性に保ちましょう。

X精子(受精すると女の子が産まれる)は酸性に強く、Y精子(受精すると男の子が産まれる)は酸性に弱い。
この特性を利用して、膣内を酸性に近づけることにより、Y精子の量を減らせます。
Y精子が減ってX精子が生き残れば、女の子が産まれる可能性が高くなるのです。

排卵日の2日前に性行為を行う

女の子を表すX精子は寿命が長く2日から3日間、膣内に滞在できます。
ですが、男の子のY精子は短命で1日で死んでしまいます。

排卵日の2日以上前にセックスをするとX精子が生き残る数も減りますし、排卵日ジャストにセックスをするとY精子がたくさん生き残っているのでX精子は不利になります。

また、排卵日の2日前だとまだ膣内は酸性が強い状態です。
排卵日になると酸性が弱まってしまうため、Y精子が強くなりX精子が弱ります。

女の子の産み分けは、排卵日の2日前が性交渉するにはベストなタイミングになります。

ここで一つ問題があるとすると、排卵日を正確に把握することが大変難しいと言うことでしょうか。
排卵日直前の場合、排卵検査薬を使えばわかりますが、排卵日2日前は難しい。

月経周期が一定の方であれば、ある程度正確に予測可能です。
ストレスを避け、規則正しい生活を送り、基礎体温を元にした排卵日予測を行いましょう。

精子の量を減らす

精子の量が増えるとY精子の比率が高くなります。
Y精子は男の子ですから、少しでも減らしておく必要があります。

男性は精液を貯めないように、2,3日に1回のセックスやオナニーをすることにより、精液を薄めておきましょう。

性欲が強く、毎日エッチをする男性からは女の子が産まれ易い。

と聞いたことがありますが、この説は科学的にも正しいようです。
毎日セックスしても大丈夫なのですが、排卵日に中出ししてしまうと男の子優位な状態になるので、排卵日2日前以外はコンドームと使うなど避妊をする方が良いでしょう。

オーガズムを感じない性行為

セックスは淡泊に

女性がオーガズムを感じるセックス(女性がいってしまう程感じるセックス)を行うと、膣内にアルカリ性の粘液が分泌され、膣内のpHが中性に傾きます。
Y精子が動きやすい環境になるため、男の子が産まれ易くなります。

女性がオーガズムを感じると男の子が産まれる。

という説は、科学的にも正しいと言うことになりますね。

膣内手前で射精する

膣内は酸性です。
子宮内に届くまでの距離が長い程、Y精子は淘汰されていきX精子優位の状態になります。

女の子の産み分けをする場合は、膣内手前の浅い部分で射精してもらうようにしましょう。

産み分けゼリーを使う

産み分けゼリーは、セックスする前に膣内に挿入するゼリーです。
女の子の産み分けには、ピンクゼリーを使うのが一般的。

ピンクゼリーは、膣内を弱酸性に保てるようにする管理医療機器です。
厚生労働省に認可されているので安心して膣内に挿入できます。
ピンクゼリーの成分も副作用のない安全なものばかりです。

女の子の産み分けするには、膣内を酸性に保つのが第一条件。
ピンクゼリーを使って安全に女の子を授かる環境ができあがります。

女の子の産み分け法まとめ

自宅でできる女の子の産み分け法を見てきました。
これらをすべて総合した女の子を産み分ける方法は、以下のような対策になります。

  1. 男性は頻繁に射精して精液を薄くする
  2. 排卵日2日前だけ中出しする(排卵日2日前以外は避妊する)
  3. 女性を感じさせないあっさりした性交に徹する
  4. 膣内の浅いところで射精する
  5. 性行為前にはピンクゼリーを使用する

以上を意識して女の子の産み分けにチャレンジしてください。
あなたの成功を祈ってます。

女の子産み分けゼリー比較表

ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビーガール
ピンクゼリー ベイビーサポート ハローベビー
商品区分 管理医療機器 雑貨 雑貨
価格(税抜) 14,800円 13,800円 10,000円
※12,800円
内容量 10本入 7本入 7本入
1本あたり 1,480円 1,971円 1,428円
1,828円※
送料(税抜) 300円
(2箱以上購入で送料無料)
代引き手数料
(税抜)
300円
(2箱以上購入で手数料無料)
特典 葉酸サプリサービス(2箱以上購入)
おめでたキャッシュバックキャンペーン
おめでた返金キャンペーン サプリサービス(2箱以上購入)
公式サイト

ピンクゼリー公式サイト

ベイビーサポート公式サイト

ハローベビー公式サイト

容器 使い切り
(特許製品)
使い切り
ゼリー製造国 日本
容器製造国 日本 不明

※ ハローベビープレミアムの価格

女の子産み分けゼリーランキング

  1. ピンクゼリー

    ピンクゼリー

    産婦人科医と共同開発!
    ピンクゼリーは、妊活専門に扱っている会社のジュンビーが産婦人科医と共同開発した、女の子産み分けゼリーです。

    ピンクゼリーのおすすめポイント

    ピンクゼリーは、厚生労働省が指定した第三者機関の審査で承認を受けた、正真正銘の「管理医療機器認証商品

    女の子が欲しい!あなたの為の産み分けゼリー。

    ピンクゼリーによく似た商品がありますが、ピンクゼリーは「ジュンビー株式会社」の登録商標です。
    類似品に注意しましょう!

    管理医療機器は膣内に入れても大丈夫!安心して使えます!という保証付き商品。
    安心安全に女の子を産み分ける為にも、ピンクゼリーの使用をおすすめします。

    ピンクゼリーの特徴

    ピンクゼリーは産婦人科医と共同で開発しています。
    医療的観点に立って、成分や素材、形状にまでこだわって開発されました。
    だから、管理医療機器にまで認定してもらっているのですね。

    使用時の抵抗感をやわらげ快適に使用ができるよう、容器も独自開発しています。
    安全性と使いやすさを追求してできた形がこの流線形なのです。

    そして、ピンクゼリーは使い切りタイプ。
    湯煎が必要な産み分けゼリーもありますが、ピンクゼリーは湯煎なし
    そのまま使い切るから劣化もないし衛生的です。

    ピンクゼリーは、他商品と比べても一番価格が安いのも特長。
    1箱の価格は他の産み分けゼリーよりも高く感じるかも知れません。
    ですが、1本あたりの計算をすると”1,480円”と格安。
    2箱セットや3箱セットにすれば更に安くなりますし、葉酸サプリがサービスでついてきますのでお得ですよ。

    余ったら買い取ってくれるシステムもありますから、まとめ買いで女の子の産み分けにチャレンジできます!

    矢印ピンクゼリー
  2. ベイビーサポート

    ベイビーサポートは、女の子産み分けゼリーと男の子産み分けゼリーの2種類があります。
    女の子の産み分けには、ピンク色の商品を購入してください。

    ベイビーサポートの特徴

    ベイビーサポートは管理医療機器の認可がないので雑貨扱いとなります。
    膣内へ容器の挿入は自己責任となりますが、膣内で使用する商品なので特に問題はないと思われます。

    製品は容器からゼリーまで完全日本製。
    国産の天然成分で作られた産み分けゼリーです。

    製造日が書いていないので、使用期限は結構アバウトですね。
    購入後2年が使用期限と説明されています。
    (製造後5年経ったものであれば製造後7年が使用期限になるし・・・)

    製品自体は良質な感じですが、管理医療機器の申請をする等、安心材料があると嬉しい産み分けゼリーです。
    ピンクゼリーは女の子専用なので、男の子の産み分けには、ベイビーサポートが適しているでしょう。

    矢印ベイビーサポート
  3. ハローベビー

    ハローベビーは、女の子産み分けゼリーと男の子産み分けゼリーの2種類があります。
    女の子の産み分けには、ピンク色の商品を購入してください。

    ハローベビーの特徴

    ハローベビーは管理医療機器ではなく雑貨扱い。
    内容成分等、安全なものですが、膣内への容器の挿入は自己責任となります。

    ハローベビーは全て国産で作っている純国産の産み分けゼリーです。
    ハローベビーには、ハローベビープレミアムという上位商品が設定されています。

    ハローベビープレミアムは、精子のエネルギーとなる「フルクトース」が配合されており、最適な浸透圧になるように粘度も調整されています。
    少し価格は高めですが、妊娠確率を高めるには上位のプレミアムを選択するのもありでしょう。

    矢印ハローベビー

おすすめの女の子産み分けゼリー

ピンクゼリー


おすすめの女の子産み分けゼリーは「ピンクゼリー」です。
管理医療機器がピンクゼリーだけですから、安全性を考えてもこれ一択しかありえません。

安全性が高いと行っても値段は高くありません。
他の商品と同額、もしくは安いくらいです。

2箱以上の購入で葉酸サプリもついてくるし、送料も代引手数料も無料になります。
たくさんのサービスを受けられるので、女の子の産み分けはジュンビーの「ピンクゼリー」で決まりでしょう。

矢印ピンクゼリー

その他の産み分け方法

女の子の産み分けには、いろんな方法があります。
科学的根拠のあるものから、オカルト的・占い的なものまで、産み分け法は様々です。

参考までに、産み分けゼリー以外の産み分け法についてもご紹介しておきます。
信じる・信じないはあなたにお任せしますが、参考程度にしておいてくださいね。

中国式産み分けカレンダー

赤ちゃんの産み分けを一度でも考えた方が必ず辿り着くのが「中国式産み分けカレンダー」でしょう。
約700年前の中国で、科学者が男女の出生記録から統計調査し、集計表を作成しました。
この表が中国王家の墓から発見されたのですが、この表のことを「中国式産み分けカレンダー」と呼んでいます。

中国式産み分けカレンダー

この表の見方ですが、年齢はあなたの数え年で、月は受胎月。
あなたが数え年で21歳なら、「1月以外で受胎すれば女の子が産まれる!」という風にみます。

中国式産み分けカレンダーは統計学です。
厄年と同じですので、当たるも八卦当たらぬも八卦です。

産み分ける確率を少しでも上げたい場合は、中国式産み分けカレンダーを併用するのもありですね。

パーコール法

自然妊娠の産み分け法ではありません。
人工授精時に産み分ける方法なので、自然妊娠を希望の方はパーコール法は使えません。

パーコール法は、遠心分離機を用いてY精子をふるいにかけ、X精子を残すというもの。
ただし、X精子100%にすることはできず、パーコール法を用いても、100%の産み分けができるわけではありません。

パーコール法をすべての産婦人科が採用しているわけではありませんから、各クリニックに問い合わせて下さい。
また、費用は1回当たり5万程度。
産み分けられる確率は、病院の統計発表がないため、確実な数値はわからないというのが実情です。

タイで産み分け!着床前診断

タイでできる産み分け法が日本でも注目されているそうです。
日本人は、年間に100組程度利用しているタイの産み分け、それが着床前診断。

技術的に日本でもできるのでしょうけど、日本の法律ではできないのでしょう。
だから、タイにいってやるんですよね。

着床前診断は、受精した受精卵を調べて性別を判定、望む性別だった場合のみ母親の胎内に戻して妊娠させます。
着床前診断は、男女の産み分けだけではなく、遺伝子疾患の有無も調べられます。

タイでの産み分けは、渡航費用も併せて150万円するそうですが、産み分け確率は100%。
ただ、望む性別出なかった場合は、受精卵を廃棄することになりますよね。
受精したものを望む性別でないからと言って廃棄するのは・・・

この議論については、賛否両論あるでしょうね。

産み分け成功体験談

女の子の産み分けを体験された方から、成功体験談を頂きましたのでご紹介させて頂きます。
1人目は男の子を授かり、2人目はどうしても女の子が欲しかった方の体験です。
産み分けは100%成功するとは限りませんが、確率を上げる為にもいろんな方法を複合して試すと良いでしょう。

智子 31歳智子 31歳

1人目の子供の時には「男の子でも女の子でもどっちでもいいよね」と言えていましたが、1人目が男の子だったので2人目は絶対女の子が欲しいと思っていました。
主人にも「絶対女の子が欲しい!」と伝えてありましたが、主人は「どっちでもいいよ」というタイプだったので、協力は得られませんでした。
なのでまずネットに頼って自分でできる産み分け方法をしらべました。

排卵日が重要なので排卵日の計算から始めました。
そして、食生活も出来るだけ肉を減らした野菜中心の生活にしました。
中国式産み分けカレンダーもチェックしていました。

排卵日すぎに子作りすると男の子とか、女性がオーガニズムを感じると男の子とか、精子量も少ないほうがいいと書かれていたので、狙った排卵日の少し前から主人を誘いました。
子作りもあっさりめを希望していましたが、協力は得られずいつも通りでした(;´・ω・)
でも主人には申し訳ないですが、子作り中も頭のなかで女の子のイメージをずっとしていました。

また、狙った排卵日以外は色々な言い訳で誘われてもしなかったりゴムをつけてもらったりしていました。
もちろん、狙った日には女の子の産み分けゼリーも使いました。
主人を振り回して罪悪感がありましたが徹底して私が子作り管理していたと思います。

妊活して3ヶ月程で妊娠が発覚しました。
発覚した時点で女の子だと勝手に思い込んでいました。
これだけ徹底して産み分け方法を試したんだから悔いはありません。
後は天に任せるだけですからね。

結果は・・・
見事女の子を妊娠!!!

ネットと思い込みだけで必死に妊活したことで女の子を授かることができたと思っています。
ただ妊活中、何度かそこまで必死にならなくても・・・と心が折れかけました。

実際、男の子でも女の子でも産まれてくると心の底から可愛くて性別は関係ないなと思います。
もし娘が男の子だったとしても今と同じくらい愛情をかけれる自信はありますから。

女の子の産み分けにゼリーは必須

ピンクゼリー


女の子の産み分けを科学的に考えてみましょう。
女の子の精子(X精子)だけを残せば、必ず女の子が産まれるのです。

ただ、女の子の精子(X精子)だけを残して男の子の精子(Y精子)だけを排除することはできません。
ですが、膣内を女の子の精子(X精子)優位にすることは可能。

そこで登場するのが、産み分けゼリー!
膣内を女の子優位にするのが産み分けゼリーの最大の役割です。

迷信でもなく都市伝説でもなく占いでもない。
産み分けゼリーは、科学的にも女の子を妊娠する確率を上げてくれるアイテムなのです。

ピンクゼリー公式サイト